ニニギの旅 > 補論> 吾田について

 

 補  論

 本文の中で触れると冗長になってしまうもの、補論として別にした。まあ、筆者の覚え書きのようなものでもあり、特にご関心が有れば。

 吾田について


 日向時代の天孫族の根拠地の吾田という地について多少補足したい。
 南九州でアタなる地名と言えば、普通に考えればそれは薩摩半島の地名。阿多隼人の根拠地としての阿多である。例えば、 (図 補-1)は前にも見た神武東征図の再出であるが、この図でも薩摩半島に吾田や笠沙御前の地名が見える。(実際の場所を赤丸で示した。)
 この図に有るように、神武の根拠地だったアタなる地はこの薩摩半島の阿多だと見る人は結構多いのだが、どうにもシックリこない部分が有る。

 この図を眺めていてどうにも奇異に感じることは、薩摩半島の西岸を拠点としていた集団が何でまた宮崎から東征に出発するのか?ということである。
 阿多の目の前も海で、しかもこの海は阿多隼人の庭。ここからそのまま船出すれば良さそうなものである。
 (図 補-2)は「貝の道」であるが、阿多隼人の活動領域のイメージもこの貝の道に重なる。つまり、阿多〜九州西岸〜北九州というエリアである。もしも神武東征の主力が阿多隼人だったのであれば、この貝の道に見られるように東征軍は九州の西岸を北上するのが普通である。しかし、それでは途中で豊後の海人の珍彦に出会いそうもないし、宇佐の一柱騰宮で歓待されることもない。神武のコースと薩摩半島の吾田、どうにも釈然としない。

 或いは、情報の問題も有る。
 神話の神武は塩土老翁から「東方の美しい国」の話やニギハヤヒがそこに降臨したというニュースを聞いて東征を決意した。塩土老翁は大和の情報を持っていてそれが神武東征の引金だったというストーリーであるが、テレビもインターネットも無い時代であるし日向は都を遠く離れた辺境である。実際問題としてそうしたことが考えられるのだろうか?
 神話を神話として読む場合にはどうでも良いようなことではあるが、その神話の背後に史実を考えようという時にはこれも結構重要である。大和の情報が無ければ大和への東征も起こり得ない。

 ところが、結論から先に書いてしまえば、当時の九州で近畿の情報を最も得やすそうな所はどこかというとそれは宮崎であり、逆に最も得にくそうなのが薩摩半島である。

 佐原真氏によれば、古代に於いて九州の中で近畿と最も強く結びついていたのは、北九州よりもむしろ宮崎だったらしい。畿内で流行した土器絵画は二世紀くらいになると記号になるが、畿内以外で記号が一番多い所はどこかというとそれが宮崎であり、長首壺もやはり宮崎に来ており、更に、畿内から瀬戸内海沿岸にずっと有る櫛描き文様、これが大分にも来ているが宮崎に特にたくさん有るという。
 「長首壺もあって記号もありますから、古墳をつくるよりも前に宮崎と大和、河内、和泉は非常に密接な関係があったということは明らかです。(中略)神武伝説とどうかかわるかはわかりませんけれども、九州の中で日向が一番畿内との結び付きがあるということは考古学的にもいえるのではないかと思います。」と佐原氏は述べておられる。

 そうした古くからの畿内との結びつきの歴史の上に日向の古墳時代が来るということのようである。(図 補-3)(図 補-4)は北郷泰道氏の著作(注1)から引用させて頂いたが、畿内式絵画土器と瀬戸内系土器の分布域((図 補-3)の実線のエリア及び一点鎖線と斜線のエリア)がそのまま前方後円墳の分布域((図 補-4)の実線のエリア)に重なっている。
 要は、古くから畿内と日向を結んで動いていた人達(海人族)がいたということであるが、神話の塩土老翁はまさにその海人である。もしも彼が日向(宮崎)の海人だったのであれば大和の情報を持っていたとして何の不思議も無い。しかも豊後の珍彦とは同じ交易路上の海人仲間。ガイドとして珍彦をスカウトしたことも、その珍彦が大和への道を先導していることも、全て素直に納得出来る。神武伝説に一定のリアリティが出てくる。
 しかし、これはあくまでも塩土老翁が宮崎の海人だった場合の話である。(図 補-3)(図 補-4)に有るように薩摩半島は宮崎とは全く違う文化圏である。古代に於いて薩摩半島の吾田と畿内の間に強い結びつきが有ったことを窺わせる材料は無い。塩土老翁の本拠地が薩摩半島側に在ったのであれば、彼が大和のニュースを得るチャンスは極めて低そうであるし、豊後の珍彦とどんな接点が有ったのかそれも不明。神武伝説にさっぱりリアリティが無くなる。

 日向神話の言う吾田なる地を薩摩半島と見る見方にはどうにもシックリこない部分が有る。
 そもそも古代の人に日向神話の舞台は何処と考えられていたのだろう?
 例えば、平安時代前期にまとめられた『延喜式』では三山陵は全て日向国に在るとしている。日向国の指すエリアは時代と共に変わっているが、ここで言う日向国には大隅や薩摩は含んでいない。つまり、『延喜式』は三山陵は全て宮崎県に在るとしている。古代の人には日向神話の舞台は宮崎だと理解されていたようである。古代の人が実際に考えていたことであるから、これは結構重い。
 しかも、応神朝期の五世紀に大変な繁栄を見せるのも宮崎平野であって薩摩半島ではないし、諸県君牛も宮崎の人である。古代の人がイメージしていた神話の舞台からも実際の歴史の舞台からも、薩摩半島の吾田は少し離れすぎている。

 加えて、<神武即位前紀>に「日向国の吾田邑の吾平津媛を娶った」との記事が有り、日向国にも吾田なる地が有ったと読める。

 もっと端的に言えば、薩摩半島を舞台にした話を日向神話と呼ぶか?という素朴な疑問である。
 阿多の在る野間半島、ここには笠沙町も有り、神話の言う笠沙の碕はここだと言う人が多い。しかし、この野間半島に有る公園の名がなんと「夕陽ケ丘公園」である。
 理屈を言えば夕陽に向かっていても日向だと言えないことはないのだが、東が日向しの転だということも有り、「夕陽ケ丘の日向神話」はオサマリが悪い感が有るのは否めない。

 日向神話を普通に読む場合でも神話の舞台は宮崎平野と見るのが妥当かと思われるが、この小論では「ニニギとは実は景行」という結論になってしまった。この場合、吾田は宮崎平野以外には在り得ない。景行伝説の舞台としての日向は明白に宮崎平野であるし、諸県君の本拠地もやはり宮崎平野である。

 それでは宮崎に実際にアタなる地名が有るのか?ということである。
 日南市には吾田の地名が有るが、これはアガタと訓むようであり、しかもこの日南市も神話の舞台からも歴史の舞台からも少し離れている。
 宮崎市内では池内町に前吾田・後吾田という地名が有るが、訓みはマエワダ・ウシロワダのようで、その限りではこれもいまいちピンと来ない。

 ただ、この前吾田・後吾田の直ぐ近くにある奈古神社の祭神がニニギで、この奈古神社は古来より吾田長屋という地名にちなんで長屋神社とも呼ばれてきたと有る。
 この奈古神社、成務の時代に武内宿禰が建てたとされる古い伝承を持った神社のようであるが、「また奈古神社の宮の前に広がる土地なので、宮崎と地名がついたとも言われている。」とも有る。宮崎の名の発祥の地がこの辺りだということらしい。前吾田はその奈古神社の傍、後吾田はその後方に位置しているから、ひょっとしてこの奈古神社の辺りが古くは吾田と呼ばれていたのかと想像している。

 ただ、この前吾田・後吾田の地名の由来等に関する記事がさっぱりヒットせず、奈古神社以外の材料は無いので、この想像の真偽のほどは分からない。
 どなたか宮崎平野の吾田について詳しくご存じの方がおられればご教示頂きたいところである。

 (注1)、北郷泰道『熊襲・隼人の原像』吉川弘文館
 
  ー 目 次 ー  
 
 

(図 補-1)
東征ルート(吾田を赤丸)

(図 補-2)
貝の道











(図 補-3)
畿内・瀬戸内系土器の分布

(図 補-4)
主な前方後円墳の分布








                 BACK        NEXT

 
 ご意見・お問い合わせ等  info@ninigi.net

Copyright © 2019 ニニギの旅 All rights reserved.