ニニギの旅 > 天孫落臨 > いつか来た道

 

 いつか来た道


 景行以下の三人のタラシヒコ天皇は、前後の天皇と異質なタラシヒコを共有しており、大・若・中という三人でワンセットのような名前になっており、『古事記』の書き出し部分では彼等だけが「天皇」という称号で呼ばれており、記紀の中では「タラシ三代」とでも呼ぶべき共通性が有る。そのタラシ三天皇、名前の特徴からもエピソードからも、後世に系譜に割り込んだ応神の先祖かもしれないとも思える。
 神武の前は日向三代で、一方の応神の前がタラシ三代。しかも景行は神武(応神)にも匹敵する「伝説の大王」で、神武より前の時代に日向への旅をした人だという。景行とニニギ、たまたまの偶然にしては出来すぎのような印象も有る。念の為に景行のクマソ征伐の旅を今一度辿ってみたい。

 クマソ征伐の景行の旅は、北九州に入ってからは色々とエピソードが有る。多くの土賊の名が出てくる。しかし、大和から北九州に至る間には何のエピソードも無い。何事も無く伊都都比古の領地を抜けて、大和を発った次の瞬間にはもう九州に着いていたかのようである。蛇足ながらニニギの出発地が北九州。そして景行の旅の伝説も実質的にはその北九州から始まっている。
 その景行が最初に通ったのが莵狭の川上。神武が東征の途中に立ち寄って歓待された所である。ところが、ここで景行を出迎えたのが宇佐氏ではなく、土賊の鼻垂だったという。景行がこの宇佐を通った当時、この地の主はまだ宇佐氏ではなかったらしい。宇佐氏がここに来たのはそれより後のことである。いつのことか? 前に見た『宇佐氏系譜』の中に参考になりそうな記載が有った。
 宇佐氏の先祖はニニギの日向への降臨に供奉し、後に勅によりこの莵狭の川上に遣わされたという。やはり、ここにきっちりニニギの名が出てくる。宇佐氏がここに来たのはニニギの降臨より後の時代のことである。もしも景行とニニギが重なるなら、スッキリそのまま話が通る。

 先へ道を辿りたい。土賊退治の景行の旅、速見邑を経由して、最後の戦闘は直入郡の辺りだったようである。ここの土蜘蛛を平らげたという話に続いて、日向国に至ったという記事が有る。
 (図6-1)に景行の歩いた道を地図に白線で記してみた。直入郡はもう日向との国境の即ぐ近くである。ここから日向に行くのであれば陸路が普通だが、どう行くのだろうか?
 言うまでもないことだが、祖母山の横を抜けて高千穂に出る。これが古代において豊後から日向に行く時の最も普通のルートである。地図で見ても直入から高千穂は目と鼻の先である。
 ここから先は、高千穂、椎葉、米良と続く九州中央山地。何だかどこかで見た景色である。代数が合っているどころの話ではない。前にニニギの旅として想定したその同じルートの上に景行も立っているのである!

 別に無理してコジツケ話を作っているわけではなく、<景行紀>の記事を普通に読めばそういうことになる。景行の道は、北九州から始まって、莵狭の川上を通り、そしてピッタリ高千穂に出る。ここまでのところ景行の旅はまるで「いつか来た道」。そうであれば、問題は高千穂の先、日向である。

 <景行紀>には、そのまま読むとなんとも奇異に映るという伝承がいくつか有る。莵狭の川上もそうだったが、筑紫巡行の話の最初に出てくる夷守でのエピソードもそうである。
「十八年の春三月に、天皇は、京に向かわれるため筑紫国を巡行された。最初に夷守に至られた。このとき、石瀬河(いわせのかわ)のほとりに、人があつまっていた。そこで、天皇は、遠くからそれを御覧になって、側近の人に詔して、
「あそこに集まっている人たちは何だろう。あるいは賊であろうか。」
と仰せられた。そこで、兄夷守・弟夷守の二人を遣わして観察させた。すぐに弟夷守が帰ってきて、
「諸県君泉媛が、天皇の召し上がりものを献上いたそうとして、その族が集まっているのです。」
と奏上した。

 この伝承には不可解なことが二つある。一つは時間軸の混乱である。
 景行が日向に長く滞在した後の逸話とされているが、それは有り得ない。後述するように景行の日向での妃の御刀媛(みはかしひめ)が諸県君一族の女性。景行はこの一族と懇意なのである。しかもこの一族は特異な鹿装束の集団で、遠くから見ても諸県君一族と直ぐ分かる。それを、大切な妃の親族を「あるいは賊であろうか?」は有り得ない。
 恐らくこれは景行が日向に来たばかりの頃の伝承を誤ってここに置いたということであろう。景行と諸県君一族との初めての出会い、その時の伝承だと考えないことには話の辻褄が合わない。

 二点目は地理的な関係である。伝承では宮崎を出て夷守に至った時の逸話と読めるが、これも有り得ない。
 この夷守は現在の小林市、石瀬河は現在の岩瀬川、野尻町を流れている川である。宮崎から小林に向かうと先ず岩瀬川が有り、それを過ぎて更に進むと夷守に至る。夷守に着いた時には岩瀬川は既に通り過ぎている。来た道を振り返って「あの者達は賊であろうか?」と言うのは何とも奇異である。普通は、道の行く手に不審な集団がいる時に斥候を出す。
 つまり、この時、景行は夷守から岩瀬川に(=宮崎方面に)向かっていたのだと見られる。従って、この時の旅の出発地は宮崎ではない。それが誤って宮崎から始まる筑紫巡行伝説の中に混入したということであろう。

 となると、景行は日向に来たばかりの頃、夷守から岩瀬川の方に向かっている途中で初めて諸県君一族に出会ったということになる。それにしても、何故夷守から宮崎方面に向かっていたのだろう?

 高千穂から椎葉・米良と続く山道は須木村から小林盆地に山を下りる。この道の正面に在るのが霧島連山の一つ夷守岳である。古代の夷守駅もこの道を小林盆地に降りたところに置かれていた。本居宣長の想定した降臨の道は、その最後に実はピッタリ夷守に出る。
 直入郡で土賊を退治して高千穂に出た景行が、椎葉・米良と道を辿れば、景行もまたこの夷守に降り立つ。ここから道を東に取れば、その先が岩瀬川。景行はそこで初めて諸県君の一族に出会った。その時の伝承だと考えて初めて話の辻褄が合う。
 (図6-2)に<景行紀>の伝える景行の道を白線で示した。黄色線は本居宣長の想定した降臨の道である。白線と黄色線がピッタリ繋がって1本の線になっている! この図を見ればまさに歴然。景行はニニギの道をそのままに辿って日向に来たということになりそうである。

 景行の旅は「いつか来た道」。ニニギの道と景行の道は高千穂の先も日向までずっと重なっているということのようであるが、まあ、正直かなり破天荒な仮説かとは思うので、断片的ながら傍証を並べてみたい。

 『日本書紀』<第三の一書>はニニギと木花開耶姫の居た所が竹屋(たかや)という所だったと伝えている。一方、景行と御刀媛の居た宮の所在地が高屋(たかや)。
 案の定と言うべきか、ニニギの居所と景行の宮の在ったのが同じ「たかや」である。

 或いは、三山陵のことも有る。日向を舞台にした景行伝説に三山陵が登場しないことである。
 記紀の言う通りなら、景行は大和から遠路はるばる日向にやって来た。景行の先祖日向三代の霊の眠っている地である。折角の機会であるから、クマソ征伐が一段落した後に普通なら三山陵にお参りして良さそうなものである。しかし、景行はそんなことは全く考えもしなかったらしい。子湯県に行幸したり時間は充分に有ったはずなのに、なにしろ六年も日向にいたというのに、三山陵に参拝した形跡が無い。景行には先祖を敬う気持ちが全く無かったということらしい。
 急いで書き加えるが、実際の景行がそういう人だったという意味ではない。<景行紀>を表面的に読むとそんな風に映るというだけの意味である。景行がニニギなら、当然ながら景行の時代に三山陵は未だ存在しない。存在しない陵ではお参り出来るはずもない。逆から言うなら、つまり景行がニニギではないなら、彼は三山陵にお参りしているはずである。

 こうしたことを考えてきた時に一寸気になるのが塩土老翁(しおつつのおじ)という人の存在である。
 塩土老翁は吾田の首長事勝国勝長狭の別名とされる。ニニギの恩人であり、ニニギと木花開耶姫を引き合わせたのもホホデミがワダツミの宮に行く手引きをしたのも彼であり、日向時代のニニギ一族の後見人のような人であるが、神武東征に於いても重要な役割を果たしている。神武は彼から「東方の美しい国」の話やニギハヤヒがそこに降臨したというニュースを聞いて東征を決意した。塩土老翁の情報が神武東征の引金であり、彼がいなかったら東征も無かった。そういう人である。
 これだけでも塩土老翁の貢献は大変なものであるが、おそらく実際にはそれ以上だったと見られる。史実としての東征の中心勢力は海人である。神武の側近の中にこうした海人族をとりまとめていた有能なブレーンがいたのであろうが、神武の周辺にいた海人族の首領と言えば塩土老翁である。珍彦をスカウトしたのも実際には彼だったろうし、単に東征の仕掛人というだけでなく、東征そのものにも大きく貢献していた可能性が高い。

 応神朝はこうした功労者を厚く遇している。例えば珍彦。東征軍を先導し、大和平定に於いても大活躍し、東征成功の立役者の一人であるが、後に実際に厚く遇されている。論功行賞により彼自身は大和の国造になり、一族の者も彼の郷里も栄えた。
 新参者の珍彦にしてこうである。まして塩土老翁は日向以来の功臣。この珍彦以上に厚く遇されたろうと考えるのが普通であるが、実際には以後の塩土老翁の消息は全く分からない。これ以後の物語に塩土老翁は全く登場しない。記紀の編者は何故かこの功労者に対してつれない。
 もちろん塩土老翁は神話世界の人であり、厚く遇されたろうというのもあくまでも想像にすぎないけれども、この塩土老翁の伝説、ふと或る名前を想起させる。

 神話の珍彦の背後には実在の人としての豊後の海人がいて応神朝から実際に厚く遇されていたが、同じその応神朝期に、珍彦の比でなく、更に格段に厚く遇された日向の海人が実際にいた。言うまでもなく、諸県君牛である。
 彼の娘は仁徳の妃になり、孫娘は雄略の皇后になった。大変なものである。鹿装束の辺境の一族が何故ここまで遇されたのか、当然ながら応神朝に対して大きな功績の有った人なのだろうが、記紀は何も記していない。塩土老翁のその後の消息が全く不明なのと対照的に、諸県君牛についてはその前半生がまるで何も分からない。それがまさに入れ替わりの登場で、しかもどちらも同じ日向の海人である。

 これだけでも二人の人物像は重なるが、更に際立った符合がニニギと景行がこの日向で出会った姫の素性である。
 木花開耶姫は神話の中ではヤマツミの娘とされているが、神話を多少現実的に読むとするなら、吾田の姫である彼女は実際にはおそらく吾田の首長塩土老翁一族の女性であろう。一方、景行が高屋宮で迎えた妃の御刀媛が実は諸県君一族の女性である。
 吉田東伍氏の『大日本地名辞書』には次のように有る。
 「姓氏録考証云、諸県郡本庄村八幡神社の詞官宮永氏は、旧姓諸県君にて、其先は豊国別命より出ず。豊国別の子を加牟波羅彦と云ふ、其子を老男と云ふ、老男の孫を牛諸井とす。」
 ここで豊国別命とは景行と御刀媛の間に生まれた皇子であり、牛諸井とは諸県君牛のことである。もっとも、『旧事本紀』<国造本紀>に「応神の時代に老男を日向国造にした」との記事があり、この伝承のように諸県君牛を老男の孫とすると世代的に合わない。それで、吉田東伍氏は「老男即牛諸井の別号なりと疑はる。」と書いている。これであれば世代的に合う。
 いずれにしろ御刀媛は諸県君一族の女性だということである。つまり、ニニギは塩土老翁一族の女性を娶り、景行は諸県君一族の女性を妃とした。不思議な符合である。塩土老翁と諸県君が重なるなら、ここでもニニギと景行が重なる。
 蛇足ながら、普通に考えると塩土老翁と諸県君牛では世代的に合わないので、この二人は同一人ではなくて、塩土老翁は諸県君牛の先祖だろうということになるが、仮に日向一代タラシ一代がが正しいなら、この二人が同一人である可能性もある。まあ、これは蛇足である。

 景行の旅は「いつか来た道」。そうであれば景行の熊襲征伐の伝説も符に落ちるのだが、その話に進む前に、一点補足しておかねばならないことが有る。それは吾田という地名のことである。
 吾田は普通に考えれば薩摩半島の地名である。しかし、薩摩半島を舞台にした話を日向神話と呼ぶか?という素朴な疑問が有る。この小論ではここまでそのことは触れずに来たのだが、景行がニニギだとなると、触れないわけにもゆかない。
 神武伝説の吾田も直感的には宮崎平野の地名と見るのが妥当かと思われるが、景行がニニギだと考える場合、吾田は宮崎平野以外には在り得ない。結構重要なポイントで、実はそう考えて初めて塩土老翁が遠い大和のニュースを知っていたという話もリアリティを持つのだが、ここで書くと冗長になってしまうので補論として別にした。興味ある方は補論を参照下さい。

 クマソ征伐の話に進みたい。

 
  ー 目 次 ー  
 










(図6-1)
景行の道1


















































(図6-2)
景行の道2

                 BACK        NEXT

 
 ご意見・お問い合わせ等  info@ninigi.net

Copyright © 2019 ニニギの旅 All rights reserved.