ニニギの旅 > 神話の原郷 > 日向神話と史実

 

 日向神話と史実


 言葉の問題を考えるなら、北にしろ南にしろ天皇家の原郷を大陸に探すのは無理が大きそうであるが、そうなると浮上してくるのが狗奴国東進論である。こちらは言葉の問題はクリアしている。

 <倭人伝>は当時の倭人国の官名や人名を色々と伝えているが、その中には卑狗(彦)、彌彌(耳)のように日本語と見られる名称が色々見られる。狗奴国の大官の名は狗古智卑狗。狗奴の古智彦とか菊池彦とか解釈は色々有るけれども、いずれにしろ日本語の名前であろう。狗奴国は日本語の世界だったということである。
 しかもこの狗奴国、国名のクナがクマ(球磨)に通じクマソを連想させる。もし狗奴国がクマソの国だったのであれば日向から来た応神とピッタリ場所が合っている。
 水野祐氏の元祖王朝交替説では、応神の東進とは狗奴国の東進で、それは実はクマソの東進だったとしている。応神に率いられた狗奴国(クマソ)は宿敵の北九州の邪馬台国を滅ぼし、次には西進してきた大和の勢力(仲哀軍)とぶつかるが、これも破り仲哀を戦死させた。更に勢いに乗じて東進し、ついには大和をも制圧したとする。
 応神朝期の南九州の繁栄は明白な事実であるし、応神朝とクマソ(隼人)との強い結びつきも周知のことである。なにしろ隼人は天皇家と親戚の天孫族。普通に考えるとまるで奇異な話であるが、応神本人がクマソだったというのであればそれがそのまま直線的に説明出来る。辺境の蛮地からやって来た強い勢力、応神の性格とも符合している。

 言葉の問題だけでなく応神朝に色濃い南九州の要素をスッキリ説明出来るというのも魅力であるが、しかしこの狗奴国東進論、即ぐには納得しづらいという点もまた色々有る。
 というのも、崇神とニギハヤヒと伊都国の三角形がピシャリと決まったのとは対照的に、応神とクマソと狗奴国、この三者の関係はどうにもシックリしない。

 記紀伝承の中でクマソという呼称は良いイメージでは使われていない。応神以降はわざわざ隼人と呼称を変えている。応神がクマソだったにしてはその応神自身がこのクマソの名に特に何の愛着も持っていなかったらしいのが符に落ちないところであるし、更に、そのクマソと狗奴国が本当に結びつくのかどうか、それも良く分からない。
 狗奴国の比定地としては熊本県北部を想定する人も多く、球磨地方のようなそんな南に在る国だったのかどうかそこにも疑問が有るが、加えて、その球磨とクマソの関係も不明である。
 <景行紀>は九州地方の多くの土賊について記しているが、(表4-1)に有るように球磨地方の土賊をクマソとは呼んでいない。クマソが居たのは襲の国(鹿児島県)だったと記しており、こちらにも球磨の地名は無い。『日本書紀』の編者は球磨とクマソは無関係だと見ていたようである。

 応神とクマソ、クマソと狗奴国、これらの関係にも若干の疑問が有るということであるが、応神と狗奴国、最後にこの二つを並べてみると、ここには更に大きな難点が有る。それは、応神が持って来たヤマトという名のことである。
 言うまでもなく邪馬台と大和は同音である。応神(狗奴国)に滅ぼされたという邪馬台国の名がその応神と共に大和の地に現れたというのは、これはどう考えてもやっぱり変である。

 一般論的には同音だから即同系とは限らない。偶然の一致も有るし借用も有る。しかし、狗奴国人は邪馬台国のことを知っているから偶然の一致ということはないし、地方の商店街が銀座の名を借りるという話なら分かるけれども、狗奴国人から見てヤマトは宿敵である。そんな名前を借用するとも思えない。
 更に言えば伝説の神功が卑弥呼を彷彿とさせる。卑弥呼と神功は時代が合わないと分かる以前はこの二人は同一視されていた。記紀の編者もそう見ていたし、畿内説の出発点にもそれが有った。
 応神が狗奴国人だったとしたら、その応神の母親に宿敵邪馬台国の女王のイメージを重ねるというのも奇妙な話である。応神=狗奴国人説はやはり無理だろうと思う。

 ニニギの故郷を大陸と考えると言葉の問題が説明がつかなかったが、応神を狗奴国人と見る見方はヤマトの名が説明がつかない。消去法でゆくと、残っている可能性はもう限られる。ヤマトの名を持って来たというのに加えて、その母親のイメージが卑弥呼を彷彿とさせるというのであれば、応神は邪馬台国ゆかりの人だったということであろう。

 応神が邪馬台国ゆかりの人だったろうということそれ自体は、何の新味も無い極く普通の結論であるが、崇神が伊都国人で応神が邪馬台国ゆかりの人だったというのであれば、崇神の源流と応神の源流は北九州の邪馬台連合の地で実際に接点を持っている。探していたのはその「接点の地」であるから、話はこれで一段落。神話の高天原は実在したということである。
 騎馬民族説とか越族説といったスケールの雄大な構想と比べると、大巾なスケールダウンでロマンの香りにも欠けるとの感は否めないが、これも積み上げてきた推論の結果であれば致し方ない。
 まあ、ロマンの香りはともかく、高天原の盟主はアマテラスで、邪馬台連合の女王が卑弥呼。辿り着いた高天原は、もっともらしさは充分に有るようである。

 もっとも、本当は未だ全く一段落ではない。
 ここから大和に向かったというニギハヤヒの旅は、北九州と近畿の間の多数の類似地名とか、崇神の登場に伴う大和の地での社会構造や文化の大変動といったことから確認できた。一方、ここから日向に向かったとされるニニギの旅、こちらには実は結構厄介なハードルが残っている。ニニギ伝説は全くのフィクションだとする強い反論が有りそうである。

 北九州の邪馬台国と日向から来た応神では場所が合っていない。それを繋ぐ材料としてすぐに想起されるものはニニギの伝説であるが、このニニギ伝説には全くリアリティーが無いと見る人が多い。一つは、ニニギが日向に向かう動機が考えられないからである。
 例えば邪馬台国東進論のように北九州の邪馬台国が東進したという話なら分かる。大和は「いと善き地」であるから、東進論であれば移動の動機は素直に理解できる。しかし、ニニギの時代の日向は貧しい辺境で、天皇家の先祖が拠点にしたいと考えるような土地だったとはとても思えない。邪馬台国人がなんでまた日向なんかに向かうのか? 動機も何も理解できない話ではある。日向神話を全くのフィクションと考える人が多いのもその為である。
 或いは、考古学からの疑問も有る。邪馬台国ほどの国が南下したのであれば、それを示す痕跡が残っていて良さそうなものである。ところがそれが無い。考古学的には日向に強い勢力がやって来たことを示す痕跡が見当たらない。このことから日向神話はリアリティーが無い、つまりフィクションだと考える人もいる。

 但し、今までに見てきたことからすると日向神話の背後には何らかの史実が有ったのではないかと思えてくる。
 記紀は共にニニギとニギハヤヒが同じ所から来たと伝えていた。ニギハヤヒもまた天神の子だとするこの伝承、借りもののモチーフには全く無い展開であるし、官製神話のフィクションと見るには作る動機も合理性もまるで無い話である。そして、案の定、実際に崇神と応神の源流に接点が有った。ニニギとニギハヤヒが同郷だという伝承は一定の史実を伝えている。この高天原探しは別に神話かぶせではない。

 崇神(ニギハヤヒ)を伊都国人と見た個々の論拠、例えば八咫鏡とウリ二つの巨大鏡が伊都国から出土していることにしても糸島と伊勢志摩の音の類似にしても、こうしたことは全て周知の事実であってそれ自体は日向神話とは元々何の関係も無い。
 一方の応神と邪馬台国のことも同じである。ヤマトの名を持って来たのが応神だということにしても伝説の神功がまさに卑弥呼を彷彿とさせるということにしても、これもまた日向神話とは全く無縁の話である。
 そこからのニギハヤヒの旅は神話を離れて確認できるが、応神が日向から来たというのも同じく神話かぶせでなく検証出来る。五世紀の日向や豊後海部郡の繁栄は考古学的事実であり、諸県君牛や大倭国造家のことは歴史上の事実である。

 邪馬台国ゆかりの応神が実際には日向から来たというのであれば、その前の段階で、神話がニニギと呼んでいる彼の先祖は邪馬台国から日向に移動していたということであろう。ニニギ伝説の背後には何等かの史実が有ったということなのではないか。それが事実からの素直な推論である。

 しかし一方で、邪馬台国人であるニニギが日向に向かった動機と言って、そんなものは考えられないし、実際にも日向に強い勢力がやって来た形跡が無い。
 ニニギは本当に日向への旅をしたのか? ニニギの旅に動機が有ったのか? 神話以外でニニギの旅を検証出来る材料が何か有るのか? それが後半部の主題である。

 
  ー 目 次 ー  
 
 




















(表4-1)
景行紀に登場する土賊

                 BACK        NEXT

 
 ご意見・お問い合わせ等  info@ninigi.net

Copyright © 2019 ニニギの旅 All rights reserved.