ニニギの旅 > 二つのヤマト > 応神が塗り変えた大和

 

 応神が塗り変えた大和


 「珍彦の時代」、上限が引けるのであれば次は下限であるが、こちらは簡明である。大和郷の名が文献上ではっきり確認出来る最初はおそらく<仁徳紀>に有る次の歌である。

 「青丹よし 那羅を過ぎ 小楯 倭を過ぎ 我が見が欲し国は 葛城高宮 我家のあたり」(奈良を過ぎ 倭を過ぎ 私が見たいと思う国は 葛城の高宮のわが家のあたりです)

 この歌に有る「倭」は小地名としてのヤマトであり大和郷を指していると見られる。この歌の以前には、大和郷の存在を示すハッキリそれと分かる材料は無い。しかも、郷名の初出が仁徳期だというだけでなく、長尾市の次に大倭国造家の先祖が記紀に登場するのが、これもまた同じ仁徳の時代の吾子籠(あごこ)である。
 吾子籠は記紀に度々登場しているが、最初に登場するのは<仁徳紀>の倭の屯田のエピソードである。額田大中彦皇子が倭の屯田と屯倉を掌ろうとして屯田司である出雲臣祖の淤宇宿祢と争った。この時、仁徳は吾子籠をわざわざ韓国から呼び戻し、この紛争を裁かせている。吾子籠以外ではこの紛争を裁けなかったのであるから、この時代にはこの一族は大和の地に既に確たる権力基盤を持っていたということである。

 長尾市からこの吾子籠までの間に国造家の先祖は記紀に登場せず、この間、大倭大国魂神も記紀には全く現れない。大水口宿祢が長尾市を神官に推挙したという<崇神紀>の伝承は話の流れがまるで妙だったし、そもそも冷静に考えて崇神の時代の大和には国造家のいる場所がなかった。つまり崇神期の長尾市の伝承の史実性を怪しいと見るなら、この氏族の存在が文献上ではっきり確認出来る最初がこれもまた仁徳の時代だということになる。
 仁徳期になると大和郷の名も大倭国造家の存在もハッキリ確認ができる。「珍彦の時代」について下限も引けたということである。この上限下限に珍彦の人物像を重ねれば、「珍彦の時代」は自ずと決まってくる。

 伝説の珍彦は大和の人ではない他所者で、天皇家譜代の家臣でもない新参者である。蛇足的ながら、天皇家が古くからこの大和を本拠地としてきたのであれば普通はこんな人事はしない。普通であれば本拠地の管理は一族の者か古くからの家臣、或いはこの地の事情に通じた大和近辺の土着の豪族を充てそうなものである。しかし珍彦はこのいずれにも当たらない。
 一方、記紀が伝えているように大和朝廷がどこか他所からやって来た勢力だったというのであれば別に不思議な人事ではない。神話の神武は遠い九州からやって来て武力で大和を制圧した。神武の譜代の家臣に大和の事情に詳しい者はいない。大和の事情に通じているのは途中でガイドとしてスカウトされた珍彦だけで、しかも、新参者とはいえ大和攻略に於ける珍彦の功は大である。『日本書紀』や『先代旧事本紀』は大和平定の論功行賞により珍彦が大和の国造になったと伝えている。
 もちろんこれは神話であるが、こうした状況下での話としてなら素直に理解できる人事である。実在の氏族としての大倭国造家が登場した時にも、神武の大和平定と似たような状況が有ったのであろう。即ち、大和に他所者の大王が現れ、大和の地で権力構造の大変動が生じ、旧来の大和土着の勢力が没落した時代、そうした時代でないと「他所者の大倭国造」は登場しそうにない。
 そして、そうした観点から歴史を眺めてみると、周知のことであるが、まさにそうした時代が実際に有る。

 崇神や垂仁より後の時代で、大和に他所者の大王が現れこの地で権力構造の大変動が有った時代といえば、言うまでもなくそれは応神天皇の時代である。応神もまた神武と同じように九州からやって来て、武力で大和を平定して即位した。
 かつて開化・崇神・垂仁という三代の天皇を出した穂積氏や物部氏が、天皇はおろか天皇の妃すら出さなくなり、それに替わって葛城氏とか九州の諸県君とか、それ以前には殆んど名前も出ていなかった氏族が朝廷の有力な外戚として突然に歴史の前面に登場してくる。この時代、大和の地で実際にも権力構造の大変動が起きている。大和制圧に関しての論功行賞も有ったろう。まさに「他所者の大倭国造」が現れるのにふさわしい時代である。
 実際、それを裏付けるように、この応神の直ぐ次の仁徳の時代に間髪を入れず大倭国造家や大和郷の存在が文献上ではっきり確認できるようになる。

 加えて、考古学の方にもこうした見方を支持する材料が有る。『日本書紀』が珍彦の郷里と伝えている豊後海部郡が応神朝期の五世紀に突然に大変な繁栄を見せることである。

 『日本書紀』によれば神武が珍彦と出会った速吸之門とは豊予海峡である。現在は神話の舞台としてよりブランドもののアジやサバで有名な潮の速い海であるが、それはともかく、ここに突き出している佐賀関半島は、森浩一氏によれば、五世紀を中心とする頃には北部九州でも傑出した古墳が次々と築造された土地だったようである(注1)。
 亀塚(114メートル)、築山古墳(90メートル)、臼塚古墳(87メートル)、下山古墳(57メートル)といった大きな古墳が有るが、特にこの亀塚は、北部九州では磐井の墓とされる八女市の岩戸山古墳に次ぐ大きさだという。大変なものである。
 しかし、それ以前の時代はどうだったのかというと、別に何も無い貧しい辺境だったらしい。そして、一時的な繁栄を経て、また元の寂しい辺境に戻ってしまう。『豊後国風土記』では、きわめて貧しい、特記すべき事柄の無い土地とされている。

 五世紀の繁栄だけが際立っている。考古学的には「ある短期間、異常なほど繁栄した土地」である。その背後に何が有ったのか興味も湧いてくるが、『日本書紀』はこの豊後海部郡が珍彦の郷里だと記しているのである。珍彦が応神の時代の人だったというのであれば五世紀のこの地の特異な繁栄が直線的に理解できる。

 蛇足的ながら、神武と珍彦が出会った場所については二説有り、『古事記』はこれを明石海峡と見ているが、ストーリー的には『書紀』の言う豊予海峡の方がずっと自然である。豊予海峡であればここから先瀬戸内海を進む為には海路に詳しい案内人の協力が必要であるが、明石海峡では長い船旅も既にもう殆んど終わっており、ここで海導者としての珍彦をスカウトしてみても遅すぎて殆んど意味が無い。
 神話を神話として読む場合にも豊予海峡の方がストーリーとして自然であるが、それに加えて、考古学的に見た豊後海部郡の特異性である。この地のこんな特異な繁栄は、この伝説の背後に何等かの史実が有った(ここが実際に珍彦の郷里だった)と考えないことには一寸説明がつきそうにない。森浩一氏の見解も「この伝説に対応出来る地は、豊後海部郡をおいてほかにない」と極めて明快である。そしてそれが今まで見てきた「珍彦の時代」とピッタリ符合している。大倭国造家はいつ大和に現れたのか、どうやらそれが見えてきたようである。

 崇神の時代の大和には国造家の居る場所が無く、一方、仁徳の時代には彼等は既に大和に来ていた。その崇神から仁徳までの間で大和に「他所者の大倭国造」の現れそうな時代と言えば、それは大和の地で権力構造の大変動の有った応神の時代であるが、まさにその同じ時期に、『日本書紀』が珍彦の郷里と記す豊後海部郡が突然に大変な繁栄を見せる。神話と歴史と考古学的事実がピッタリ符合している。しかも、その応神の直ぐ次の仁徳期に、間髪を入れず大和郷の名が文献に現れる。どの材料もが同じ時期を指している。神話が珍彦と呼んでいる大倭国造家の先祖が大和の地に現れたのは実際には応神の時代だったと考えるのがどうも説得的なようである。
 そして、おそらくその時にこの地にヤマトの名が現れた。

 大倭国造家、この氏族のことを追いかけてきたのはこれがまさにヤマトの名の申し子のような氏族だったからである。カムヤマトと号した神武の伝説の中に始祖伝承を持ち、自身の氏族名の頭にもヤマトを冠し、ヤマト郷を本拠地とし、ヤマトの神を祭っていた。大和郷の名をつけたのも彼等だったと見られるが、その大和郷の他にはこの地に小地名としてのヤマトは無く、この珍彦系の他には有力なヤマト氏といってあとは渡来系のヤマト氏しかいない。

 ところがその渡来系のヤマト氏、彼等が登場するのがまた、まさに同じこの時代である。
 渡来系ヤマト氏の初出は<雄略紀>の東漢掬直(やまとのあやのつかのあたい)であるが、これに先立ち、<応神紀>にこの一族の祖の阿知使主(あちのおみ)とその子の都加使主(つかのおみ)が来帰したとの記事が有る。ここで、子の名の「都加」と前出の「掬」が同音であり、この二人は同一人物であろうと見る人が多い。つまり、応神の時代に来帰した人が渡来系ヤマト氏の第一号なのである。
 大和朝廷の成立について考える時に最も簡明な手掛かりはヤマトの名ではないかと冒頭に書いたが、地名としてのヤマトにしろ氏族名としてのヤマトにしろ、はっきり確認が出来るのは共に応神以降。かなり時代が下がるということである。

 序論という性格上話をはしょっているので舌足らずであるが、王朝交替説とか神武のモデル論といった周知の議論、それを通常とは一寸角度を変えて、大和郷の名と大倭国造家という切り口から確認してみたというだけのことである。王朝交替とか神武のモデル論について触れていると冗長になってしまうのでここでは割愛するが、端的に言うなら、崇神をお祀りしている神社がサッパリ見当たらないという事実である。崇神が大和朝廷の真の始祖であるならこんなことは有り得ない。
 大和朝廷の成立はやはり応神朝期と見るのが良さそうである。応神の時代となると四世紀末から五世紀初頭、蛇足的ながら卑弥呼の時代とは100年以上のズレが有る。<倭人伝>の記す邪馬台国と大和朝廷は時期的に重ならないということである。

 それでは、その応神はどこから来たのか? 本論に入りたい。

 (注1) 森浩一『日本神話の考古学』(朝日新聞社)

 
  ー 目 次 ー  
 
 


















































<休憩室>
亀塚

                 BACK        NEXT

 
 ご意見・お問い合わせ等  info@ninigi.net

Copyright © 2019 ニニギの旅 All rights reserved.