ニニギの旅 > 二つのヤマト > 大和郷の名の由来

 

 大和郷の名の由来


 大和郷、いつ誰が付けた地名なのか?
 前に見た大倭神社の伝承では、大倭大国魂神を祭ることになって邑名が大和に変わったと伝えていた。そうであれば、この神の祭祀の起源が分かれば大和郷の名の起源も分かる。
 そして、うまい具合に『日本書紀』がそれを伝えている。この神が祭られるようになった経緯として、<崇神紀>に概略次のような記事が有る。

 元々は天照大神と大倭大国魂神を宮中でお祭りしていたが、この二柱の神は互いの威勢を遠慮されて共にいることを我慢なさらなかった。そこで二柱の神を宮中からお出しして、 天照大神には豊鍬入姫命を、大倭大国魂神には渟名城入姫命をお付けしてお祭りさせた。しかし、渟名城入姫命は髪が抜け落ち、身体が痩せ細って、大国魂神をお祭りすることが出来なかった。
 この頃国内に疫病がはやり百姓の流亡も有り天皇は心配されていたが、この時、穂積氏遠祖の大水口宿祢(おおみくちのすくね)他二人の人が同じ夢をみる。それは、「大田田根子を(三輪山の)大物主神を祭る神官とし、市磯の長尾市(ながおち)を大国魂神を祭る神官とすれば、必ず天下は太平になる。」という夢である。天皇がその通りにされると、国内は平穏になったという。
 尚、<垂仁紀>にこの話の続きが有り、大倭大国魂神はそのまま大和の地に残られるが、天照大神は大和を去って伊勢に移られる。

 皇祖神にヤマトの神に三輪の神、多彩な顔ぶれの登場する有名な伝承であるが、この伝承を信用する限りでは大和郷の名は崇神或いは垂仁の時代まで遡上ることになる。例えば吉田東伍氏の『大日本地名辞書』(冨山房)で「大和郷」の項を見ると次の説明が有る。
 「和名抄、城下郡大和郷、訓於保夜末止。今山辺郡朝和村東南部なる長柄萱生等の地なり。大和大神鎮座するを以て其名あり。(中略)旧名穂積なるべし。」
 ついでに同書の「穂積」の項を見ると、次の説明がある。
 「穂積氏は物部氏同族にて盛胤なり。穂積氏遠祖大水口宿祢大倭大国魂神の教を被り其社を居邑に興せるにより之を大和郷と為す。」

 『大日本地名辞書』では大和郷の名をつけたのは穂積氏遠祖の大水口宿祢だとしている。<崇神紀>や<垂仁紀>の伝承を信用する限りではそういうことになるのだが、ただ一寸符に落ちないのが長尾市という人の存在である。大水口宿祢が大倭大神の神官に推挙したというこの長尾市、大倭国造家の先祖とされる人である。国造家は実際にも大倭神社の神官の家柄であるから、大倭大国魂神の祭祀の伝承にその先祖の名が登場するのは当然といえば当然のようなことではあるのだが、しかし、それにしても穂積氏と大倭国造家、なんとも奇異な取り合わせである。

 穂積氏はニギハヤヒの後裔である物部氏の同族。神武によって国を奪われたという伝承を伝えている氏族である。一方の大倭国造家、その神武の大和平定に大功の有った珍彦の子孫を称している。前節で見た珍彦系ヤマト氏の代表がこの国造家である。珍彦は大和平定の論功行賞によって大倭国造になったとされる。つまり、こちらは、他所から来てニギハヤヒの国を奪ったという伝承を伝えている氏族である。
 国を奪われた側と、国を奪った側。神話の中のこととはいえ、伝承的には因縁の氏族同士である。
 しかも、考えてみればこのヤマトという名、穂積氏とはなんともミスマッチな名である。元々ニギハヤヒ伝説の中にヤマトにちなむ名は無い。神話の中でカムヤマトと号していたのは神武。穂積氏にとってヤマトは侵略者の名である。簒奪者の名である。大水口宿祢は本当にそんな因縁の名を持つ神を居邑に招いたり、その神官に因縁の国造家の人間を推挙したり、居邑をそんな名に変えたりしたのだろうか? 話の流れが何か妙である。

 遠い昔の神武の時代の因縁話なぞ大水口宿祢は水に流していたのかもしれないが、問題はその結果である。吉田東吾氏の言う旧名穂積の地、大水口宿祢の居邑だったこの大和郷が、後の時代には穂積氏の手を離れ、周知の通り大倭国造家の所領になっている。
 大水口宿祢は長尾市を居邑に招いた時にその地も長尾市に進呈したのだろうか? まさか一族の本拠地を進呈するはずもないというのであれば、これはかなり酷い話である。
 つまり、大水口宿祢は居邑に因縁の大倭国造家を招いた結果、一族の本拠地をその国造家に乗っ取られてしまったということになる。これでは因縁もダブル、神話の因縁話には第二幕が有ったということになるのだが、もしそうならこれは大水口宿祢の大失態である。

 まあ、侵略者の名を持つ神を居邑に招くような酔狂なことをすれば、その本拠地を奪われるのも当然と言えば当然ではあるが、まさか大水口宿祢がそんな愚かな人だったとも思えない。実際の経緯は恐らく違うのであろう。
 後述するように、神話時代と歴史時代と二幕ものの因縁話が有ったのは事実であるが、歴史時代の二幕目の方も大和郷一郷の乗っ取りといったスケールの小さな話ではない。また、それが崇神の時代の出来事だったとも思えない。そのことは、崇神という大王がどういう大王だったのか、崇神の時代がどういう時代だったのか、それを考えてみれば分かる。

 
  ー 目 次 ー  
 
 





















<休憩室>
神武東征

                 BACK        NEXT

 
 ご意見・お問い合わせ等  info@ninigi.net

Copyright © 2019 ニニギの旅 All rights reserved.