ニニギの旅 > 二つのヤマト > 大和に希薄なヤマトの要素

 

 序章 二つのヤマト

 ヤマトという名に関して不思議に感じることが有る。
 冷静に考えてみると、大和の地とヤマトの名のつながりは実は意外な程に稀薄である。ここ大和にヤマトの名の発祥の地と見られる小地名としてのヤマトは実際には残っておらず、実在の有力なヤマト氏にも大和土着の氏族が全くいない。
 この地はいつからこの名で呼ばれるようになったのか、ひょっとするとそれは、大和朝廷はいつ成立したのか、それを考える時の最も簡明な手掛かりである。

 大和に希薄なヤマトの要素


 例えば地名としてのヤマト。
 大和が国名として登場するのは少し時代が下がるので大和も元は小さな地名だったと見られるが、その本来のヤマトとはどこだったのか?それが良く分からない。
 小地名のヤマトとしては大和郷が有るが、畿内説に立つ場合でもこの大和郷はヤマトの名の発祥の地ではないと見るのが通説である。例えば、『日本史大事典』(平凡社)の中で和田萃氏は次のように述べておられる。

 「ヤマト(大和、倭)とはもともと奈良盆地東南部を指す地名であったが、のちに大和国全体を、さらには日本全土を指すようにもなった。ヤマトの範囲は初瀬川の流域で、三輪山と天香具山を結んでできるデルタ地帯(第一次ヤマト)である。シキ(磯城)やイハレ(磐余)地域が第一次ヤマトに相当する。(中略)のちにヤマトの範囲は拡大し、オホヤマト(大和)やイソノカミ(石上)の地域をも含むようになる。(第二次ヤマト)」

 大和郷はここで言う(第二次ヤマト)のエリアに在り、ヤマトの名の発祥の地とは見られていない。実際、この大和郷には大和朝廷の故地としての存在感がまるで無い。天皇の宮も無く、記紀の伝える初期大和朝廷の物語にも大和郷はさっぱり登場しない。
 加えて、この郷名は神名に由来する二次的な地名だとする神社伝承も有る。この地で大倭大国魂神を祭っている大倭神社の註進状に「祭同国市磯邑、後改名曰大倭邑。」と有り(注1)、この神の名により邑名がヤマトに変わったとの記載が有る。

 更には卑弥呼の宮殿のことも有る。前記したように古い時代に大和郷が大和の中心だったようには見えない。歴代の天皇でここに宮を建てた人はいない。つまり、畿内説に立つ場合でもここ大和郷に卑弥呼の宮殿が在ったとは思えないということである。
 彼女の居たところこそが邪馬台、つまり本来のヤマトの地であるが、畿内邪馬台国の場合それは前出の(第一次ヤマト)のエリア以外には考えられない。

 神社伝承に加えて卑弥呼の宮殿も無いのでは、これでは大和郷を本来のヤマトの地と見るのは無理である。通説の言うようにやはりこれは二次的な地名なのだろう。
 しかし一方、この大和郷の他にはここ大和にヤマトなる小地名は存在しない。(第一次ヤマト)のエリアにかつてそうした地名が存在したことを窺わせる具体的な痕跡は実際には何も無い。本来のヤマトとはどこだったのか、それがどうも良く分からないのである。

 氏族名としてのヤマト、これも同じである。
 氏族名の頭にヤマトを冠する氏族は結構多いが、誰でも即ぐに頭に浮かぶような有力なヤマト氏に大和土着の氏族が全くいない。実在のヤマト氏はその殆んどが他所者とされる氏族で、大和の地との本来的なつながりが見られない。

 (表1-1)(表1-2)は、太田亮著・丹羽基二編の『新編姓氏家系辞書』(秋田書店)から頭にヤマトの音を持つ氏族を抜き出してみたものである。
 ( 注:ブラウザによっては(Edge、IE等)右側の図が拡大しないので、その場合は本文中のリンクをクリック下さい。ChromeやFire FoxではOKなので、可能ならそうしたブラウザで閲覧下さい。)

 氏族名として、大倭、倭、大和、和、大養徳、養徳、東、日本、色々な字が使われているが、通常、訓みは全て「ヤマト」としている。尚、「珍彦系」と有るのは神武伝説に登場する珍彦(うずひこ)の子孫を称する氏族であり、「渡来系」とは渡来人と見られる氏族である。(表に有る椎根津彦は珍彦の別名。)
 この表を見ると一目瞭然であるが、頭にヤマトを冠する氏族はその殆んどが珍彦を祖とする氏族か渡来人である。「不明」の12氏を除くと、68氏中の51氏、四分の三がこの二系で占められている。しかも、単に数が多いというだけでなく、誰でも即ぐに頭に浮かぶような重要なヤマト氏は全て珍彦系か渡来系この二系に含まれる。他に有力なヤマト氏はいない。

 神話の珍彦は神武を先導してこの大和にやって来た。彼は大和の人ではない他所者で、天皇家譜代の家臣でもない新参者である。一方の渡来系の方も、当然ながらこれも新参者で他所者の氏族である。
 天皇家が古くから大和を本拠地としてきたのであれば、ここにもっと天皇家譜代の家臣の名が出てきて良さそうなものであるし、大和土着の氏族でヤマトを名乗る氏族が他にもいて良さそうに思えるのだが、実際には、実在の氏族としてのヤマト氏はその殆んどが新参者で他所者とされる氏族である。何故こうしたヤマト氏しかいないのか、考えてみると不思議である。

 記紀の伝承では大和朝廷は外来の勢力であり、ヤマトも外来の名だとされる。もちろんこれは神話であるが、今までに見てきた事実は畿内説の主張よりもむしろこうした記紀の伝承と良く符合しているようにも見える。
 神話の中で大和の本来の主とされるナガスネヒコ(注2)、或いは大和の最初の大王とされるニギハヤヒ(注3)、彼等の伝説の中にもヤマトにちなむ名が全く現れない。神話なればこそ、そこに本来の地名が顔を出して良さそうなものである。

 例えばナガスネヒコの別名のトミビコ、周知の通りこの「トミ」はナガスネヒコの伝説と密接に結びついた地名である。後に神武天皇がこの大和を攻略してここに大和朝廷を興したとされるが、その神武とナガスネヒコの戦いの伝承地の近くにはいずれもこの「トミ」の地名が残っている。
 最初の戦いの舞台である生駒山、この生駒山の東には『続日本紀』に登美郷の名が見え、『和名抄』に鳥見郷(注4)が有り、現在も登弥神社とか富雄の地名が残っている。
 伝説の後段部分では神武は磯城から磐余の地でナガスネヒコと戦い、遂にこれを滅ぼすが、ここには鳥見山が有り、その北麓には天武期に迹見駅が置かれており、等弥神社も有り、現在も外山(トビ)の地名が見える。伝説と地名が対応している。これが普通である。ところがヤマトの名に関してはそれが無い。

 ここで登場したナガスネヒコ、大和の本来の主だったとされる人である。ここが古くからヤマトと呼ばれていたのであれば彼こそヤマトヒコと呼ばれて良さそうなものであるが、そうは呼ばれていないし、そしてここにヤマトなる地名も残っていない。実際には彼はトミビコと呼ばれていて、そしてトミという地名なら実際に有る。この地が本当に古くからヤマトと呼ばれてきたのかどうか、素朴な疑問も有るということである。

 神話の中でカムヤマトと号していたのはナガスネヒコでもニギハヤヒでもなく、この地に攻め寄せてきた神武の方である。記紀伝承は、ヤマトはこの地の本来の名ではなく神武がどこか他所から持って来た名だとしている。単なる神話であって実際には神武の号の方がこの地の地名に由来しているのだと畿内説では言うのだが、小地名のヤマトにしても実在のヤマト氏にしても、或いはトミの地名にしても、事実はむしろ記紀の伝承の方とこそ良く符合するようである。

 そうであれば、この地が一体いつからヤマトと呼ばれるようになったのか、ひょっとするとそれは、 大和朝廷はいつ登場したのか、それを考える時のおそらく最も簡明な手掛かりである。
 本来のヤマトの地とはどこか?と言ってみても邪馬台国論争の迷路に迷い込んでしまうだけであるが、既知の地名である大和郷であれば追いかける方法も有る。この地で唯一のヤマトなる小地名。いつ、誰がつけた郷名なのか? それが分かれば、本来のヤマトの地について考えるヒントも出てくるかもしれない。

(注1)飯田武郷『日本書紀通釈』(日本書紀通釈刊行会)より孫引
(注2)『紀』では長髓彦(ナガスネヒコ)、『記』では登美能那賀須泥毘古(トミノナガスネビコ)と記す。
(注3)『紀』では櫛玉饒速日命(クシタマニギハヤヒノミコト)、『記』では邇芸速日命(ニギハヤヒノミコト)、『旧事本紀』では天照国照彦天火明櫛玉饒速日命(アマテルクニテルヒコアマノホアカリクシタマニギハヤヒノミコト)と記す。
 尚、記紀で伝承に小異が有り、『古事記』では大和の最初の大王とはしていないが、ここでは『日本書紀』や『旧事本紀』の伝承に従う。
(注4)『和名抄』に実際に有る郷名は鳥貝(とりかい)郷であるが、鳥見郷の誤りと見られる。
 
  ー 目 次 ー  
 
 

































(表1-1、2)ヤマト氏一覧











                 BACK        NEXT

 
 ご意見・お問い合わせ等  info@ninigi.net

Copyright © 2019 ニニギの旅 All rights reserved.